賃貸を最大限利用

賃貸なら迷わずここを選択

良質な賃貸は買うよりもお得

良質な賃貸は、物件を購入するよりお得です。その理由は、良い環境に住むことができるという点に加えて、劣化を気にする必要がないからです。劣化を気にする必要がないといっても、利用の際に自分の過失によって損傷を与えてしまえば自己負担で修繕しなければなりません。しかし、経年劣化は自分で修理する必要はありませんし、一定の範囲の修繕は貸主の義務となります。そのため、借主は正常な利用をしていれば修繕の費用を負担しなくても良いのでお得です。

賃貸は身近な取引です

不動産の賃貸は、民法だけでなく借地借家法・農地法・羅災都市借地借家法などの法律が相互に関係しています。民法と借地借家法どちらが先に適用されるのでしょうか。民法が規定する不動産賃貸権は、借主に厳しい内容です。そこで、平成3年に借地借家法が制定されました。平成4年8月以降に成立された借地借家関係には特別な事情のない限り借地借家法を適用することになりました。身近な問題を解決する際にはこの法律が適用になります。大家さん及び借主は、どんな問題があり、その解決の基本となることを覚えておいたほうがいいです。

↑PAGE TOP