賃貸物件にある種別

賃貸物件にある種別には

賃貸物件の種別には定義はない

賃貸物件広告には、マンションやアパートといった物件の種別が記載されています。この物件種別には、法律などで決められた明確な定義はありません。持ち主である大家さんや不動産会社でマンションやアパートの種別を決めて、広告に記載しています。定義はないといっても、鉄筋コンクリートで3階建て以上の建物はマンション、木造や準耐火構造で2階建て程度の建物はアパートと呼ばれていることが多いようです。しかし、防音性能などについてはマンションだからというとで安心してしまわずに実際に現地見学をしてチェックする必要があります。

↑PAGE TOP